ドイツでは クリスマスが いちばん たいせつな きゅうじつ です。 クリスマスが ちがづくと、 いえ や アパートの へやを できるだけ たくさんの がざり や ひかりの オーナメントで にぎやかに たのしくうつくしくするのが ふるい でんとう です。 まず ゆうめいなのは クリスマスツリー です。 ドイツでは プラスチックなどの つくりものの ツリーは めったに つかいません。 ほんものの もみの きが だいすき です。 それらの木はでんきで ひかる キャンドル や カラフルな でんきゅう や こうたくの ある テープや リスマスの オーナメント などで かざられます。 しかし、クリスマスツリーの ほかにも まだ たくさんの かざりが あります。 でんとうてきに もくせいの おもちゃ や きぼりの かざりが おおく あります。 ピラミッドは ほんものの キャンドルの ねつに よりプロペラが まわり その なかの にんぎょうも いっしょに かいてんします。 それらは3だんから6~7だんの大きなものもあり クリスマスのかざりの なかでは もっとも ちゅうしんに かざります。 くるみわりにんぎょうは せかいでも もっとも しられた クリスマスのシンボルです。 スモークマンは ほんとうに パイプから けむりが でてくる ように みせる ために なかで おこうを たきます。 ジンジャーブレッドは どくとくの あじの やわらかい クッキーですが、ふゆに しか うって いないので ジンジャーブレッドで おかしの いえを つくて たのしみます。おかしの いえ は むかしばなしの ヘンゼル と グレーテルがもりの なかで まよい、 おなかが すいた ときに ジンジャーブレッドで できた おかしの 家を みつけて、 1つ1つ たべはじめます。 もう ひとつ の かざりは ”Schwibbogen”です。 それは はんえんけいの アーチで、キャンドルの ひかりに ふちどられて います。 よるになり かく家の まどぎわに かざられ ひかりを つけられたら、まちぜんたいが 光の びじゅっかんの ように なり げんそうてき です。 ドイツの人々は いっしょう をとおし これらの クリスマスデコレージョンの コレクション を します。 ドイツでは クリスマスの かざりだけを うって いる おみせが よく あり、 クリスマスむらと よばれるサイフェンは ひとつの むらが すべて クリスマスの おみせで きて います。 その むらには おおきな くるみわりにんぎょう などが あり、まるで おとぎの くにの よう です。 こどもたちに とっても かざりをみるのは たのしく、これらを ながめながら、 クリスマスイブの プレゼントを かんがえ、 ゆびおりその日を まちます。